阪神高速も上限料金なくなる? 首都高に続くか 国が料金見直し明記

阪神高速も上限料金なくなる? 首都高に続くか 国が料金見直し明記
拡大する(全2枚)

国が進める高速道路料金などの見直しについての答申案に、阪神高速の上限料金も見直すことが明記されました。首都高では2022年から先行しますが、これにより何が変わるのでしょうか。

焦点の「激変緩和措置」

 国土交通省が2021年7月26日(月)、第51回目となる有識者会議「国土幹線道路部会」を開催。今後の高速道路料金施策についての中間答申の案が国交省側から発表され、意見が交わされました。

 答申案では、「速やかに実現すべき料金制度のあり方」のひとつとして、大都市圏の高速道路で「激変緩和措置」として設定されている上限料金の見直しが盛り込まれました。

阪神高速も上限料金なくなる? 首都高に続くか 国が料金見直し...の画像はこちら >>

阪神高速でも上限料金の見直しが進む見込み(乗りものニュース編集部撮影)。

 現在、首都高の上限料金は普通車で1320円に設定(オリンピック・パラリンピック期間中の1000円上乗せを除く)されていますが、1320円以上走っても料金は据え置きです。2016(平成28)年からの料金制度で「激変緩和措置」とされていたこの上限料金が、2022年4月から普通車で1950円に引き上げられます。

 今回の答申案ではさらに、「首都高速に続いて、阪神高速等の料金体系についても見直しを検討」と明記されました。

 なお、阪神高速の現在の料金体系も、首都高と同じく普通車で300円~1320円に設定されています。

上限料金の見直しなぜ?

 2016(平成28)年以降、首都圏や近畿圏、そして2021年には中京圏でも、路線ごとに異なっていた料金体系が整理され、対距離制が基本になりました。混雑箇所などの迂回をしやすくするのが目的であり、このとき首都高や京葉道路、第三京浜など、大幅な値上げになる路線に対しては激変緩和措置が導入され、上限料金や割安な料金体系が設定されています。


この記事の画像

「阪神高速も上限料金なくなる? 首都高に続くか 国が料金見直し明記」の画像1 「阪神高速も上限料金なくなる? 首都高に続くか 国が料金見直し明記」の画像2

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク