座席数も自由自在!

ホンダ「N-VAN」からEV戦略はじまる!

 ホンダは2024年6月13日、新型の軽商用EV「N-VAN e:」を10月10日に発売すると発表しました。

ついに出る!ホンダ「N-VAN」のEV 個人ニーズめちゃ意識...の画像はこちら >>

N-VAN e:(画像:ホンダ)。

 かねてアナウンスされていた商用バン「N-VAN」のEVです。フラットで低い床、高い天井、大容量の荷室空間、助手席側のセンターピラーレスによる大開口部などの特長はそのままにEV化。商用ユースに求められる実用航続距離と大容量の荷室空間の両立しているといいます。

 一充電の走行距離は、WLTCモードで245km。充電時間は普通充電(6.0kW出力)で約4.5時間、急速充電(50kW)で約30分だそうです。バッテリー冷却・加温システムにより、高温や低温によるバッテリーの性能低下を抑制し、特に冬季における充電時間の短縮と航続距離の向上を図っているとのこと。

 ガソリンのN-VANと同様、商用・個人どちらのニーズも意識しており、座席数の異なる4つのタイプを用意。スタンダードな4席仕様「e: L4:」と、その個人向けモデルの「e: FUN:」、さらに運転席のみの1座モデル「e: G:」、運転席・助手席の2座モデル「e: L2:」がラインアップされます。

 先進安全機能も全タイプに標準装備しているほか、軽商用バンとして初めてサイドカーテンエアバッグを運転席と助手席に標準装備。さらに軽自動車として初めて、衝突事故での2次被害を軽減する技術である衝突後ブレーキシステムを採用したそうです。

 価格は、1座モデルの「e: G」の243万9800円から。4座モデルの個人向け「e: FUN」は291万9400円だそうです。