東海道新幹線、車体傾斜区間を拡大 スピードアップへ

東海道新幹線、車体傾斜区間を拡大 スピードアップへ
285km/h走行を表示するN700Aの運転台(写真提供:JR東海)。

東海道新幹線の最高速度が、まもなく23年ぶりに285km/hへアップします。どのようにしてそれを実現したのでしょうか。またなぜスピードアップして285km/hと、ほかの新幹線ほど速くないのでしょうか。

「2500」と「4000」の大きな違い

 2015年3月14日(土)、東海道新幹線の最高速度が270km/hから285km/hへ23年ぶりにアップします。これにより東京~新大阪間の所要時間が3分縮み最短2時間22分になるほか、最高速度の上昇で遅延を取り戻しやすくなる効果などが見込まれています。

 最高で285km/hというと、東海道新幹線が直通運転している山陽新幹線で同じ車両がすでに300km/hで走っていることから、スピードアップして東海道は285km/hなのか、と思うかもしれません。しかし路線によって線路の状況が異なるため、最高速度の数字だけで単純に比較するのは困難です。

 1964(昭和39)年10月1日に最初の新幹線として誕生した東海道新幹線と、それ以降に建設された新幹線路線とで大きく異なる点として「カーブの緩さ」があります。

 東海道以外の新幹線路線では原則的に、カーブの半径が4000m以上になるよう造られています。「半径4000m」のカーブとは、半径4000mの円周と同じカーブという意味。在来線には半径600mやそれ以下のカーブもよくあり、比較するとだいぶ緩く、高速走行に適していることがわかります。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2015年3月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。