水戸岡デザインの新特急車「丹後の海」導入 丹鉄

水戸岡デザインの新特急車「丹後の海」導入 丹鉄
水戸岡鋭治氏による「丹後の海」の外観デザイン(画像出典:京都丹後鉄道)。

京都府北部などを走る京都丹後鉄道が、「水戸岡デザイン」の特急車両を導入します。コンセプトは「海の京都」です。

「海の京都」をイメージ

 京都府北部などを走る京都丹後鉄道(丹鉄)は2015年10月30日(金)、水戸岡鋭治氏の設計・デザインによる新しい特急車両「丹後の海」について発表を行いました。

 この「丹後の海」は、JR京都駅と京都府北部地域を結ぶ特急として運行予定。「海の京都」がイメージされ、外観は藍色メタリック仕上げに、金色のシンボルマークとロゴが配されます。車内は木材が多用され、「心と身体で心地よいと感じる和のテイスト」(水戸岡氏)でデザインされました。

「タンゴ・ディスカバリー」改造で2編成を導入

 丹鉄では、新しい特急車両「丹後の海」について、まもなく1編成(2両)が登場するとしており、さらに1編成を2016年度中に導入。いずれも既存の「タンゴ・ディスカバリー」車両を改造し、沿線自治体の補助で整備される予定です。

 運行開始日やルートなどは後日の発表で、丹鉄は「“水戸岡デザイン”ならではのくつろぎの車内空間で、美しい海や森、田園風景など魅力的な景観を楽しんでいただけますので、ご期待ください」としています。

 京都丹後鉄道は、高速バス大手のウィラー・アライアンス子会社であるウィラー・トレインズが2015年4月1日、第三セクターの北近畿タンゴ鉄道が運営してきた路線の列車運行を引き継いで、再出発した鉄道会社。施設は北近畿タンゴ鉄道が引き続き保有する「上下分離方式」での経営です。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。