入口付近を惣菜売り場にするスーパー 理由は駅の改札口

入口付近を惣菜売り場にするスーパー 理由は駅の改札口
入ってすぐの場所にお総菜などデリカ商品が並ぶ祐天寺東急ストア(2015年10月、恵 知仁撮影)。

スーパーの入口付近にある売り場といえば、生鮮食品の場合が多く見られます。しかし祐天寺東急ストアはお総菜です。その理由は、改札口の目の前という立地と周辺環境にありました。

スーパーの入口付近にある売り場といえば

 2015年10月21日(水)、東急東横線の祐天寺駅(東京都目黒区)付近に、祐天寺東急ストアがオープンしました。東横線の高架下にあり、祐天寺駅の改札口を出るとすぐその前に、スーパーの入口がある形です。

 スーパーの入口付近に設けられている売り場といえば、季節感を出しやすいなどの理由から、生鮮食品(青果)の例が多く見られます。しかしこの祐天寺東急ストアの入口にあるのは、お総菜などのデリカ商品です。

 なぜ同店では、このような状況になっているのでしょうか。そこには「改札前」という立地と、周辺環境がありました。

改札前にお総菜コーナーがあることの意味

 東急ストアによると、祐天寺駅周辺500mでは1人~2人世帯が突出して多いとのこと。2010年のデータでは1人世帯が4711世帯、2人世帯が2475世帯あるのに対し、3人世帯は1029世帯、4人以上は806世帯しかありません。

 周辺に1人~2人世帯が多い祐天寺駅。その利用者が仕事帰り、改札を出たところにあるスーパーに対して“手軽な食事”を求めることは、想像に難くありません。

 そこで祐天寺東急ストアでは、改札を出て目の前にある店舗入口付近に、お惣菜などのデリカ商品を配置。店舗の奥まで行くことなく簡単に“手軽な食事”を得られるようにしている――言い換えれば改札からそれが見え、すぐそこへ行けるようにすることで、需要をよりしっかりつかもうとしているわけです。

 入口にお惣菜を配置するスーパー、そこにはもっともな理由がありました。東急ストアの山形営業統括本部副本部長は「東急ストア82店舗、82通りのやり方があります」と話します。

 祐天寺東急ストアではほかにも、終電まで営業していることを認知してもらうため、店内の灯りをあえて外へ漏れるようにするといった、駅前店舗らしい工夫を行っているそうです。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2015年11月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。