軍用機数、上位にアジア各国 自衛隊は5位 密度高い極東地域

世界の軍隊における航空戦力に関し、2016年版の統計が発表されました。軍用機の配備数においては、特に極東の各国がランキング上位で目立っています。またそうしたなか、自衛隊はどのような状況にあるのでしょうか。

ダントツ1位はアメリカ軍

 1年に1回、世界の軍隊における航空戦力の統計をまとめた「世界の空軍(World Airforces)」をリリースしているイギリスの航空専門誌『フライトグローバル』が去る12月、最新版となる2016年度版を公表しました。

「世界の空軍2016」によると、全世界で軍用機の総数は5万2107機に達し、うち26%の1万3717機をアメリカ軍が保有しダントツの1位です。2位はロシア軍3547機、3位は中国軍2942機、4位はインド軍2086機、そして5位に自衛隊の1590機(シェア3%)が入ります。また6位には韓国軍1429機、10位には北朝鮮軍944機がランクインしました。

 この通り、ランキング上位国はアジアに集中しており、その伸び率も前年比2%増。極東は世界でも屈指となる高密度の軍用機配備地域となっています。

特徴的である日本の航空戦力

 また日本は「作戦機(戦闘機・爆撃機)」が287機で10位、「特殊任務(偵察機・哨戒機)」が159機で2位、「輸送機」が70機で9位、「ヘリコプター」が625機で6位、「練習機」が444機で2位と「特殊任務」と「練習機」が特に抜きん出ており、「特殊任務」はP-3C哨戒機78機、「練習機」はT-4ジェット練習機201機がそれぞれ半数を占めています。なお、いずれも世界1位はアメリカ軍です。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。