東京の下町で「昭和30年代の標準色」電車を運行 東武

東京の下町で「昭和30年代の標準色」電車を運行 東武
昭和30年代の「標準色」にした「リバイバルカラー車両」のイメージと、その元になる8000系電車(画像出典:東武鉄道)。

東京都区内の路線ながら2両編成でワンマン運行、下町情緒の漂う路線に、昭和30年代の「標準色」を再現した電車が登場。スタンプラリーも実施されます。

都区内ながら2両編成でワンマン運行の路線

 東武鉄道は2016年3月9日(水)、亀戸駅(東京都江東区)と曳舟駅(東京都墨田区)を結ぶ亀戸線に「リバイバルカラー車両」を運行すると発表しました。

 昭和30年代の一時期、同社の通勤車両は「インターナショナルオレンジ」に「ミディアムイエロー」の帯を巻いた外装デザインが“標準色”でした。それを8000系という亀戸線の通勤電車で再現するものです。

 亀戸線は「東京スカイツリータウン」に近い東京23区内を走りますが、編成はわずか2両でワンマン運行。下町情緒が漂い、どこか懐かしい雰囲気を感じる路線であることから、そのイメージをより一層感じてもらうため「リバイバルカラー車両」を走らせるといいます。

 運行期間は3月23日(水)から当面のあいだで、都合により走らない日、東京都足立区内の大師線(西新井~大師前)を走る場合もあるとのこと。なお運行初日の13時45分から、亀戸駅で出発式が行われる予定です。

 また、これに合わせて東武鉄道は、オリジナルシールやアルミ製の「コンプリート達成記念証」などがプレゼントされる「下町の魅力再発見ラリー」を実施。「地域と連携して沿線・下町エリアを盛り上げてまいります」としています。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。