秩父鉄道のSLが西武秩父駅に初入線 レッドアローとのツーショットが実現へ

 行程は、池袋駅または保谷駅(東京都西東京市)からイベント用臨時電車に乗車し、西武秩父駅で臨時SL列車に乗り換え。さらに三峰口駅で折り返し、秩父駅で解散します。2本の列車は、どちらも全車自由席(着席定員制)で運行されます。

 チケットは5月10日(火)から5月27日(金)まで、池袋・大泉学園・所沢駅の定期券うりばでイベント開催1日あたり300枚限定で発売されます。値段は5400円。おとな・こどもともに同額です。

 西武鉄道によると、1957(昭和32)年まで新宿線の一部で蒸気機関車が運行されていました。そのため今回のように、本線系統の駅から蒸気機関車が出発するのはおよそ60年ぶりとしています。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。