ポルシェはもはやSUVメーカー? この変化、スポーツカーの未来に意義があるワケ

約60年にわたり、スポーツカーメーカーとして不動の名声を築き上げてきたポルシェ社ですが、2015年度の売り上げは大半がSUV。なぜこのような事態になっているのでしょうか。そして今後、同社のスポーツカーはどうなってしまうのでしょうか。

スポーツカーメーカーの雄「ポルシェ」、約7割がSUV

 スポーツカーの代名詞ともいえるドイツの「ポルシェ」。その歴史は1948(昭和23)年、フェルディナント・ポルシェ博士が自らの名前を冠したオリジナルのクルマ「ポルシェ356」を発表したことに始まります。

「ポルシェ356」はふたり乗りの小さなスポーツカーで、その走りの良さからポルシェ社は一躍、スポーツカーメーカーとして世界中に知られることになります。そして1963(昭和38)年にデビューしたポルシェ「911」が、ストリートやサーキットで大活躍。同社のスポーツカーメーカーとしての名声は不動のものとなりました。


ポルシェ「911」、その初代901型のプロトタイプ。1963年に発表され、翌1964年より本格生産が開始された(写真出典:ポルシェ)。

 ところが現在、ポルシェ社の実際の販売台数からは違った姿が見えてきます。同社の2015年における世界販売台数は約22万5000台、前年比19%増という過去最高の販売台数を記録し、まさに絶好調です。

 その理由はSUVである「マカン」と「カイエン」の人気で、どちらも前年よりふた桁の伸び率を達成。「マカン」は年間8万台以上、「カイエン」は7万3000台以上を売上げました。両モデル合算すると15万3000台、つまりポルシェの年間売上全体における7割近くが、ふたつのSUVモデルで占められているのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2016年8月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。