台風10号上陸か 鉄道各社は暴風雨時の運行ルールをどのように決めている?

日本列島に向けて進みつつある台風10号。本州に達した場合、8月に4つの台風が上陸するのは1962年以来、実に54年ぶりのことといいます。暴風雨の際、鉄道各社は運行ルールをどのように決めているのでしょうか。

JR東は「早め規制」区間を導入

 強い台風10号があす2016年8月30日(火)、東北地方へと上陸する可能性があります(8月29日15時現在)。8月としては1962(昭和37)年以来54年ぶりに4つの台風が日本列島に上陸することになるかもしれません。強風や大雨が原因で鉄道が運転を見合わせることはめずらしくありませんが、台風など自然災害における鉄道各社の運行ルールはどのように決められているのでしょうか。


8月に4つの台風が上陸すれば1962(昭和37)年以来54年ぶりとなる(画像出典:気象庁)。

 JR東日本は2005(平成17)年の12月に発生した羽越本線脱線事故を受けて、在来線において風速20m/s以上で速度規制や運転見合わせを行う「早め規制」区間を導入。首都圏近郊では京葉線の一部区間などがこれに該当するといいます。それ以外の在来線では通常、風速25m/s以上で速度規制や運転見合わせに踏み切るそうです。

 また新幹線においては遮風壁がある区間は風速25m/s以上で、ない区間は風速20m/s以上で運転を見合わせるといいますが、新幹線の場合は、大部分の区間が遮風壁のある高架やトンネルであるため比較的風には強く、先日の台風9号上陸に際しても東北新幹線は通常通りの運転ができました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。