JR北海道、2015年度も全線区が赤字に 一方、廃止の留萌~増毛間は「改善」

JR北海道、2015年度も全線区が赤字に 一方、廃止の留萌~増毛間は「改善」
拡大する(全2枚)

JR北海道が2015年度の線区別収支状況を発表。全線区で営業損益が赤字であることが明らかになった一方、2016年12月に廃止される予定の留萌本線・留萌~増毛間は「改善」していることもわかりました。

JR北海道内で「ワースト」だった留萌~増毛間は廃止へ

 2016年11月4日(金)、JR北海道は2015年度における線区別の収支状況を発表しました。

 100円の営業収益を得るために必要な営業費用の指数を「営業係数」といいます。JR北海道によると、この指数が2014年度に「4554円」で同社線区“ワースト”だった留萌本線の留萌~増毛間は、2015年度には「2538円」に大幅“改善”しました。ただしこの区間は、今年12月4日(日)限りで運行が終わり、翌5日(月)に廃止される予定です。

JR北海道、2015年度も全線区が赤字に 一方、廃止の留萌~増...の画像はこちら >>

廃止区間を除く留萌本線・深川~留萌間も、2015年度は100円の収益を得るために1342円の費用を要した(2012年10月、恵 知仁撮影)。

 この線区を含む営業係数の「ベスト」「ワースト」各5線区は、次のとおりです。

●2015年度営業係数ベスト5(カッコ内は2014年度比)
(1) 札幌圏:105円(-2円)
(2) 室蘭本線・長万部~東室蘭:115円(-20円)
(3) 石勝線+根室本線・南千歳~帯広:127円(-3円)
(4) 海峡線・木古内~中小国:134円(+8円)
(5) 函館本線・岩見沢~旭川:147円(+4円)

●2015年度営業係数ワースト5(カッコ内は2014年度比)
(1) 留萌本線・留萌~増毛:2538円(-2016円)※12月5日廃止予定。
(2) 札沼線・北海道医療大学~新十津川:2213円(+51円)
(3) 根室本線・富良野~新得:1854円(+263円)
(4) 留萌本線・深川~留萌:1342円(-166円)
(5) 石勝線・新夕張~夕張:1188円(-233円)※夕張市が廃止に合意。
【参考】日高本線・苫小牧~様似:2125円(+946円。鵡川~様似間のバス代行輸送分を含む)


この記事の画像

「JR北海道、2015年度も全線区が赤字に 一方、廃止の留萌~増毛間は「改善」」の画像1 「JR北海道、2015年度も全線区が赤字に 一方、廃止の留萌~増毛間は「改善」」の画像2

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。