小田急「混んでて遅い」返上へ新ダイヤ発表 快速急行大増発 停車駅変更、新特急も

小田急電鉄が「複々線」完成にともなう新ダイヤを発表。「複々線」が非常に大きな影響を与え、特に「混んでて遅い」とされる小田急の朝の通勤時間帯、大きく変わりそうです。停車駅見直し、「メトロえのしま」新設なども行われます。

「ボトルネック」解消で大きく変わる小田急のダイヤ

 小田急電鉄が2017年11月1日(水)、新たなダイヤを発表。2018年3月から、「小田急線の通勤」が大きく変わりそうです。

小田急「混んでて遅い」返上へ新ダイヤ発表 快速急行大増発 停車駅変更、新特急も

小田急は2018年3月のダイヤ改正にあわせて、制服も一新する。中央右が星野社長(2017年11月1日、恵 知仁撮影)。

「小田急線は1日およそ200万人のお客さまにご利用いただいておりますが、最混雑区間の混雑率は東京主要区間でワースト3。『朝の通勤時間帯の混雑』という非常に深刻な問題を抱え、これまで『混んでいて遅い』という意見を頂戴しておりました。新ダイヤでは、そのイメージを一新することができます」(小田急電鉄 星野晃司社長)

線路が「片側2車線」に 混雑率、大幅緩和へ

 2018年3月のダイヤ改正で、新宿駅側の複々線区間が増えます。道路にたとえると、これまで片側1車線だった区間が片側2車線になって“車線”が増えるため、運行できる列車本数も増加。ラッシュピーク時の列車本数が27本から36本になり、輸送力は40%アップ。「ワースト3」の混雑率は192%から150%程度になる見込みです。

 ダイヤ改正で複々線化されるのは、東京都世田谷区内の世田谷代田~東北沢間1.6km。片側1車線でボトルネックになっていたこの区間の複々線化で、登戸駅(川崎市多摩区)から新宿駅側が“片側2車線化”されます(代々木上原駅からは新宿駅方面、東京メトロ千代田線方面へそれぞれ片側1車線の線路が延びる形)。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2017年11月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。