JR山手線新型の「生まれ故郷」、車両製造数が5000両突破へ J-TREC新津事業所

JR山手線の新型電車などを製造しているJ-TREC新津事業所が、まもなく累計製造両数5000両を達成します。これに先立ち、同所で製造された新型電車を並べた記念式典が開催されました。

JR東日本と東急電鉄の車両が並ぶ

 JR東日本グループの鉄道車両メーカーである総合車両製作所(J-TREC)は2018年2月14日(水)、新津事業所(新潟市)で「5000両製造記念式典」を開催しました。

JR山手線新型の「生まれ故郷」、車両製造数が5000両突破へ J-TREC新津事業所

J-TREC新津事業所で開催された「5000両達成」記念式典の様子(2018年2月14日、草町義和撮影)。

 新津事業所は1994(平成6)年10月に操業を開始。JR東日本の209系やE231系、相模鉄道の10000系など、おもに首都圏を走る電車を中心に製造してきました。JR山手線で導入が進む新型車両のE235系電車も、新津事業所で製造されています。

 当初は3日に1両のペースで製造していましたが、その後1日1両のペースに短縮され、年間の製造数も増加。2018年3月中旬には、累計5000両目となるE235系の先頭車であるクハE235-16が完成する予定です。クハE235-16の車内には5000両達成記念のプレートが取り付けられます。

 5000両目の完成に先立ち行われた記念式典では、新津事業所で製造されたE235系と、東急田園都市線向けの2020系電車が各1編成、車庫内に並べられました。このほか、車庫の脇にある線路にも、新潟地区のJR線に投入されるE129系電車を展示。いずれも5000両達成記念のヘッドマークが取り付けられました。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。