都営新宿線のホームドア「全駅設置」スタート! 1番手は本八幡駅

東京都交通局は都営新宿線の本八幡駅に設置したホームドアの使用を開始しました。今後も順次整備を進め、全21駅への早期設置を目指します。

駅の順番通りにホームドアを順次設置

 東京都交通局は2018年4月28日(土)、都営新宿線の本八幡駅(千葉県市川市)に設置したホームドアの使用を開始。ホームドアが動いている様子を報道陣に公開しました。

都営新宿線のホームドア「全駅設置」スタート! 1番手は本八幡駅

本八幡駅に設置されたホームドア(2018年4月28日、草町義和撮影)。

 ホームドアは三田線と同じタイプで高さが1.3mですが、ドアの部分に窓を設けたほか、ドアを収める部分(戸袋部)の上にも列車接近表示器を設置。客に注意を促すようにしました。ドアの開閉は無線データ通信により車両ドアとホームドアが連動するタイプ。車掌が車両ドアの開閉を操作すると、ホームドアもほぼ同時に開閉します。

 このほか、新宿線の編成は8両と10両の2種類あるため、車両の数を検知する装置を線路内に設置。8両編成の列車が停止しているときは、車両がない部分のホームドアが開かないようになっています。

 都営地下鉄4路線のうち、三田線と大江戸線はすべての駅でホームドアの整備を完了しています。新宿線は大島駅の2、3番線ホームのみ設置済みですが、それ以外の駅はまだ設置されていません。

 交通局は2019年度までに、新宿線の全21駅にホームドアを設置する計画を立てています。今回の本八幡駅を皮切りに、新宿方面に向けて隣の駅へ順に設置。2019年秋には新宿三丁目駅まで設置を完了する予定です。なお、新宿線と京王線が接続している新宿駅のホームドアは、京王電鉄が2018年度中に設置する予定です。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年4月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。