JALシンガポール線就航60周年 記念セレモニーで歴代制服着用のCA登場
拡大する(全1枚)

JALが東京~シンガポール線就航60周年を迎え、羽田空港国際線ターミナルで記念セレモニーを開催。同路線の出発ゲート前で行われたセレモニーに歴代制服を着用したCAも登場し、彩りを添えました。

18時間半が7時間へ、60年のあゆみ

 JAL(日本航空)は1958(昭和33)年5月8日にDC-6B型機で羽田とシンガポールを結ぶ定期便運航を開始。2018年5月8日(火)、就航60周年の記念日を迎え、羽田発シンガポール行きJL037便の搭乗ゲート前で記念セレモニーを開催しました。

JALシンガポール線就航60周年 記念セレモニーで歴代制服着...の画像はこちら >>

滑走路に向かうためトーイングされるJL037便(2018年5月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 東京~シンガポール線は開設当初は直行便ではなく、羽田から香港とバンコクを経由して約18時間半かけてシンガポールに到着したそうです。直行便が就航したのは1977(昭和52)年で、片道約7時間で往来できるようになりました。直行便就航とともに同路線は週3便から毎日運航されるようになり、2018年5月現在、羽田、成田線合わせて毎日3便、週21便がB777-200ER型機で運航されています。

 記念セレモニーに先立ち、JAL執行役員の屋敷和子東京空港支店長が挨拶。「シンガポールは世界の金融センターのひとつとしてビジネスが盛んですが、観光としても面白いスポットです。東京とシンガポールの交流がますます盛んになりますよう、最高のサービスを提供し、利便性を高めてまいります」と話しました。