九州唯一の定期貨物便、北九州空港に就航 深夜発、朝のうちにアジア6都市へ到着 ANA

ANA Cargoの定期便が北九州空港に就航。九州とアジアを結ぶ新たな物流ルートが誕生しました。自動車産業が集積する北部九州と、物流利便性が高いという北九州空港、その貨物拠点化が考えられています。

北九州空港を貨物の拠点に

 ANA(全日空)グループ(ANA Cargo)の定期貨物便が2018年6月4日(月)、北九州空港に就航。記念のセレモニーが開催されました。使用機材は、ANAが12機保有する貨物専用機のボーイング767-300F(約50トン搭載可能)です。

九州唯一の定期貨物便、北九州空港に就航 深夜発、朝のうちにアジア6都市へ到着 ANA

北九州空港で行われた沖縄行きANA Cargo定期便の初荷式(2018年6月4日、恵 知仁撮影)。

 九州では唯一の定期貨物便で、関西空港~(ANA8565便)~北九州空港~(ANA8566便)~那覇空港間で週5便の運航。関西空港22時00分発、北九州空港23時10分着で、同空港を日付が変わった0時40分に出発すると、ANAが貨物のハブにしている那覇空港へ2時30分に到着。そこで積み替えられた貨物はアジアの主要都市――ソウル(仁川)、上海(浦東)、台北(桃園)、香港、バンコク、シンガポールへ、その日の朝9時30分までに到着できるとのこと。

「朝にアジアの6都市へ到着し、夕方にはそのお茶の間に日本の生鮮食品が並ぶ、ということになります」(全日本空輸 九州支社長 大人形綱邦さん)

九州唯一の定期貨物便、北九州空港に就航 深夜発、朝のうちにアジア6都市へ到着 ANA

北九州空港に到着した関空からのANA8565便。
九州唯一の定期貨物便、北九州空港に就航 深夜発、朝のうちにアジア6都市へ到着 ANA

北九州空港から搭載された貨物には記念の幕が。
九州唯一の定期貨物便、北九州空港に就航 深夜発、朝のうちにアジア6都市へ到着 ANA

機体前部側面を開け、貨物を搭載。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年6月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。