ワイパーが「グゴゴ…」 不快な音の原因と対策 交換時のうっかりミスは高くつく?

ワイパーを動かした際、何かに引っ掛かるように、「グゴゴ……」と音を立てるケースがあります。これはワイパーの「ビビり」といわれますが、その原因は何でしょうか。ゴムやアームの交換時に気を付けないと、クルマを損傷させてしまうケースもあります。

過酷な環境に置かれているワイパー

 クルマのワイパーを作動させた際、「グゴゴ……」「ズーズー……」とつっかえたような音がするときがあるかもしれません。

ワイパーが「グゴゴ…」 不快な音の原因と対策 交換時のうっかりミスは高くつく?

ワイパーから異音がすることがある。写真はイメージ(画像:Ilkay Dede/123RF)。

 この現象、一般的にワイパーの「ビビり」といわれますが、原因は何なのでしょうか。カー用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブン(東京都江東区)に聞きました。

――ワイパーがビビる原因はどのようなことでしょうか?

 ひとつにはワイパーゴムの劣化です。クルマの外に置かれていますので、雨の日には濡れ、晴れの日には乾燥して紫外線にさらされるなど、天候や外気の変化に影響を受けます。

 ブレード側の原因も考えられます。たとえば一般的なトーナメントワイパー(試合のトーナメント表のように、骨格部分が複数枝分かれしたタイプ)では、複数のアームでバランスをとってゴムの圧力がガラス面に対し均等にかかるようになっていますが、アームや支点の錆びなどが原因で、部分的に圧力が変わってくることがあるのです。

――ガラス面にも原因があるのでしょうか?


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年8月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。