都営三田線が8両編成に 車両が増えると通勤はどれだけ楽になる?

都営三田線が8両編成に 車両が増えると通勤はどれだけ楽になる?

都営三田線の列車が2両増えて8両編成になる計画が明らかになりました。車両が増えるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

一度は改善された混雑が再び悪化

 都営三田線で運転されている6両編成の列車が、2両増えて8両編成になります。交通局の山手 斉局長は2018年7月12日、都政改革本部会議の第17回会合で「快適通勤に向けた取り組み」として同線の8両編成化を表明。2018年度から駅施設の改修などに着手することになりました。

都営三田線が8両編成に 車両が増えると通勤はどれだけ楽にな...の画像はこちら >>

全ての列車が6両編成で運転されている都営三田線(2018年7月、草町義和撮影)。

 都営三田線は、目黒~白金高輪~三田~西高島平間の26.5kmを結ぶ、東京都交通局の地下鉄路線です。このうち目黒~白金高輪間は東京メトロ南北線と線路を共用。目黒駅では東急電鉄の目黒線と接続し、目黒線~南北線と目黒線~都営三田線の相互直通運転が行われています。1968(昭和43)年に現在の巣鴨~高島平間が開業。その後延伸され、2000(平成12)年までに現在の区間が全て開業しています。

 列車は当初4両編成でしたが、1972(昭和47)年の日比谷~巣鴨間延伸開業にあわせ、6両編成に増強されました。その後、1993(平成5)年には現在の車両が導入されましたが、1編成の車両数は6両のままです。仮に数年以内に8両編成に変われば、約50年ぶりに車両が増えることになります。

 交通局はなぜ、都営三田線の車両を増やすことにしたのでしょうか。ひとことで言えば、近年悪化している混雑を改善するためです。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。