東武のSL「大樹」運行開始1周年 線路がつながっている福島へ、延長運転の可能性は?

東武鉄道のSL「大樹」が、運行開始から1周年。鬼怒川温泉駅で、記念イベントが実施されました。線路がつながっている、その先の福島県へ、SL「大樹」の延長運転はあるのでしょうか。

2018年7月には乗客10万人を達成

 東武鉄道が2018年8月10日(金)、鬼怒川温泉駅(栃木県日光市)で「SL大樹運行開始1周年感謝祭」を開催。同駅3番ホームでは、SL「大樹」の出発式も行いました。

東武のSL「大樹」運行開始1周年 線路がつながっている福島へ、延長運転の可能性は?

鬼怒川温泉駅3番ホームで開催された出発式。C11形蒸気機関車207号機には記念ヘッドマークと日章旗を取り付けた(2018年8月10日、伊藤真悟撮影)。

 SL「大樹」は2017年8月10日から、東武鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉間12.4kmで運転を開始。今年の7月14日には、乗客数10万人を達成しています。

「この1年間、決して平坦な道のりではありませんでした。SLを運転する者、SLを整備する者、日々試行錯誤を繰り返し、切磋琢磨して本日を迎えたと思っています。振り返りますと、地元の皆さまと一体となって進めてきた1年でした」(東武鉄道 鉄道事業本部長 都筑 豊さん)

「今後も、市と東武鉄道と観光協会、さらに地域の皆さんと力を合わせて、これまで以上に多くの観光客をお迎えしたいです」(日光市長 大嶋一生さん)

 感謝祭には「SL大樹と地域の公式イメージソング」を制作した、地元日光市で活躍する石川桃子さんと篠原あかりさんによるユニット「モアモカ」も登場。イメージソングを披露しました。

...続きを読む

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。