豪雨被災のJR山陽本線、9月30日に全線再開 「10月中」の見通しを前倒し

西日本豪雨で不通になっているJR山陽本線・三原~白市間の運転再開日が決定しました。

呉線、芸備線、福塩線も新たな再開見込み発表

 JR西日本広島支社は2018年9月14日(金)、西日本豪雨により不通になっていた山陽本線の三原~白市間30.6kmが、30日(日)に運転を再開すると発表しました。これにより山陽本線は、全線が復旧します。

豪雨被災のJR山陽本線、9月30日に全線再開 「10月中」の見通しを前倒し

各線区の運転再開見込み(画像:JR西日本)。

 山陽本線は西日本豪雨により複数個所で土砂の流入や流出、踏切や変電所の冠水などといった被害が発生。7月11日時点では、笠岡~海田市間111.2kmと岩国~徳山間68.8kmが不通になりました。

 その後、復旧工事が進み運転区間が少しずつ拡大。9月9日(日)には八本松~瀬野間と柳井~下松間が運転を再開しています。最後に残った三原~白市間は、復旧の見通しが当初「11月中」とされていましたが、「10月中」に繰り上がり、今回、「9月30日(日)」と発表されました。

 なお、同じく西日本豪雨により不通になっている次の線区についても、新たな運転再開見込みが発表されています。

●呉線
・安芸川尻~広:10月14日(日)
・安浦~安芸川尻:2019年1月中から2018年11月中に繰り上げ
●芸備線
・備後庄原~塩町~三次:10月4日(木)から部分運転
●福塩線
・吉舎~塩町:10月4日(木)から部分運転
・上下~吉舎:10月18日(木)からこの区間も部分運転

 復旧線区では、通常より列車本数を減らして運転する線区や、徐行運転のため通常より時間がかかる線区があります。

 JR西日本広島支社は「そのほかの線区においても、少しでも早く運転再開できるよう、引き続き努力を続けてまいります」としています。

【写真】線路が浮いている被災直後の山陽本線

豪雨被災のJR山陽本線、9月30日に全線再開 「10月中」の見通しを前倒し

JR山陽本線・本郷~河内間の被災直後の様子。盛土が流出して線路が浮いている。この区間も2018年9月30日運転を再開する(画像:JR西日本)。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。