JR山陽本線、全線復旧は13日に 山陰回りの貨物列車は運転終了へ

台風24号の影響で不通になっているJR山陽本線の柳井~下松間が復旧へ。これにより、西日本豪雨以来発生していた同線の不通区間はすべて解消される見込みです。

柳井~下松間が運転再開へ

 JR貨物は2018年10月9日(火)、山陽本線の柳井~下松間が13日(土)に復旧することから、同区間を通る貨物列車も13日(土)に運転を再開すると発表しました。

JR山陽本線、全線復旧は13日に 山陰回りの貨物列車は運転終了へ

2018年10月4日時点の貨物列車の運転状況。山陽本線の岩国~新南陽間は13日に運転再開予定(画像:JR貨物)。

 台風24号の影響で土砂流入が発生したため、旅客列車は山口県内の柳井~下松間で、貨物列車はこの区間を含む岩国~新南陽間で運転を見合わせています。JR西日本はバス代行輸送を、JR貨物はトラックによる代行輸送や貨物列車の迂回(うかい)運転をそれぞれ実施中です。

 柳井~下松間の再開日については、復旧工事の進行状況を踏まえ当初発表の15日(月)から13日(土)に繰り上がりました。貨物列車も同日に運転を再開する予定です。

 なお、バス、トラックによる代行輸送や山陰本線経由の貨物列車は、山陽本線の全線復旧により終了します。これにより、西日本豪雨以来発生していた山陽本線の不通区間はすべて解消される見込みです。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年10月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。