AIRDOが新制服に 4職種で刷新 CAは北海道の自然の美しさと躍動感を表現

就航20周年を迎えるAIRDOが、4職種の制服を一斉にリニューアルします。一部職種の制服には、北海道と社名をデザインしたオリジナルボタンも採用します。

就航20周年で制服を一斉リニューアル

 北海道の航空会社AIRDOは2018年10月23日(火)、就航20周年を迎えるにあたり、制服を初めて一斉にリニューアルすると発表しました。

AIRDOが新制服に 4職種で刷新 CAは北海道の自然の美しさと躍動感を表現

客室乗務員のジャケットスタイル。スカーフは北海道の雄大な自然「花・雪・海」をモチーフにデザインした3色のカラーバリエーション(画像:AIRDO)。

 対象は客室乗務員(CA)、空港旅客スタッフ、運航乗務員、整備士の4職種(約600人)です。制服のリニューアルは、CAと空港旅客スタッフは10年ぶり、整備士は13年ぶり、運航乗務員は初めてとのこと。新制服の着用は、就航20周年当日の2018年12月20日(木)から始まります。

 新制服のデザイナーは、女性用が野田智子さん、男性用が岡 義英さんです。4職種の新制服に共通するコンセプトは「北海道の翼にふさわしいAIRDOとしてのオンリーワンを体現しながら、職種の特性に合わせた機能を有し、業務パフォーマンスを最大限発揮できるようなデザイン」といいます。

AIRDOが新制服に 4職種で刷新 CAは北海道の自然の美しさと躍動感を表現

空港旅客スタッフのジャケットスタイル(画像:AIRDO)。
AIRDOが新制服に 4職種で刷新 CAは北海道の自然の美しさと躍動感を表現

運航乗務員(画像:AIRDO)。
AIRDOが新制服に 4職種で刷新 CAは北海道の自然の美しさと躍動感を表現

整備士(画像:AIRDO)。

 特にCAと空港旅客スタッフはセミフォーマル性のなかに北海道の自然の美しさと躍動感を表現。オリジナルボタンとシンボルカラーを一部に採用することや、袖には「AIRDO」ロゴマークをあしらい、一体感と統一感をもってデザインされています。

 また、各制服には耐久性や軽量性、ストレッチ性などを兼ね備えた機能素材を使用しており、着用するうえでの作業性、快適性にも配慮した機能を有しています。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。