「走行音を聞くツアー」まもなく引退の関電トロリーバスで開催 録音機材OK

「走行音を聞くツアー」まもなく引退の関電トロリーバスで開催 録音機材OK

立山黒部アルペンルートの関電トンネルトロリーバスが、引退を迎えます。これに際し、VVVFインバータの音を聞くことに特化したツアーが開催されます。

貸切のうち1台は録音機材を載せて運行

 関電アメニックスは2018年10月29日(月)、引退を控えた関電トンネルトロリーバス300型のVVVFインバータの走行音を聞くツアーを開催すると発表しました。

 現在、国内で営業しているトロリーバス(無軌条電車)は、立山黒部アルペンルートの関電トンネルトロリーバス(関西電力)と立山トンネルトロリーバス(立山黒部貫光)のみです。トロリーバスは、空中に張られた架線(トロリー線)から電気を受け取って、モーターで走ります。見た目はバスですが、日本の法令では「無軌条電車」として鉄道に分類されています。

 このうち関電トンネルトロリーバスは、2018年11月30日(金)をもって54年の運行を終了し、2019年4月から電気バスに変わる予定です。これに伴い、1993(平成5)年から1996(平成8)年にかけて導入された300型車両15台は引退を迎えます。

「走行音を聞くツアー」まもなく引退の関電トロリーバスで開...の画像はこちら >>

関電トンネルトロリーバス300型。2018年11月30日をもって運行を終了する(画像:関電アメニックス)。

 今回の「関電トロリーバス300型VVVFインバータの走行音を聞くツアー」は、電圧、周波数を変化させてモーターを制御するVVVFインバータの「音」を聞く最後の機会として企画されました。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。