開業120周年の旭川駅、入場券セット発売 先着でヘッドマーク缶バッジなど進呈

JR北海道が「旭川駅開駅120周年記念入場券セット」を発売。購入者にはダイヤグラムを模したデザインのトートバッグやヘッドマーク缶バッジを先着で進呈します。

発売当日は「旭川駅120周年祭」も

 JR北海道は2018年11月6日(火)、「旭川駅開駅120周年記念入場券セット」を11月23日(金・祝)に発売すると発表しました。

開業120周年の旭川駅、入場券セット発売 先着でヘッドマーク缶バッジなど進呈

「旭川駅開駅120周年記念入場券セット」のイメージ。旭川駅と、同駅が管理する18駅の計19駅がセット(画像:JR北海道)。

 旭川駅(北海道旭川市)は1898(明治31)年7月16日、北海道官設鉄道上川線の駅として開業。2018年7月に開業120周年を迎えました。記念入場券セットは、現在の4代目駅舎が全面開業(2011年)した日である11月23日に、限定1500セットで発売されます。

 商品は、旭川駅と、同駅が管理する18駅を合わせた計19駅の入場券セットです。価格は3230円(170円×19駅。1回の購入につき10セットまで)。当日午前10時から旭川駅の特設コーナーで、16時以降は同駅「みどりの窓口」でそれぞれ販売されます。

 なお、1セット購入につき、2分目ダイヤグラムをイメージしたオリジナルトートバッグ(先着50個)か、列車のヘッドマークをデザインした缶バッジ(先着計350個、全15種)がひとつ進呈されます。さらに「当たり」の場合、ヘッドマークをプリントしたTシャツがプレゼントされます。

 11月23日は、駅南コンコース中央広場で「旭川駅120周年祭」を開催。駅社員による見学ツアーや、鉄道用品展示などが行われる予定です。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年11月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。