空母に載せる「艦載機」の特徴とは いずも型護衛艦に搭載するF-35B戦闘機は…?

海上自衛隊のいずも型護衛艦に搭載予定のF-35Bステルス戦闘機ですが、一方でF-35には艦載型をうたうF-35Cもラインナップされています。そもそも「艦載機」とは、どのような特徴を備えるものなのでしょうか。

艦載されているけど「艦載型」じゃない「B」

 2018年12月18日に政府が発表した「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」には、海上自衛隊のいずも型護衛艦を改修し、事実上の空母とすることなどが明記され、大きな話題になりました。具体的には、既存の艦艇へ「短距離離陸・垂直着陸できる航空機の運用を可能にする必要な措置」を講じるとしており、この「航空機」に該当するのが、最新のステルス戦闘機F-35Bです。

空母に載せる「艦載機」の特徴とは いずも型護衛艦に搭載するF-35B戦闘機は…?

米強襲揚陸艦「エセックス」から発艦するF-35Bステルス戦闘機。短距離離陸できる性能を持つ(画像:アメリカ海軍)。

「F-35」といえば、2018年に航空自衛隊が導入し運用を開始しているF-35Aが知られますが、この「A」はいわゆる通常のステルス戦闘機で、「B」はその姉妹機にあたります。上述のように、「A」にはないSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)性能を備え、アメリカ海兵隊ではこれを空母のような飛行甲板を持つ強襲揚陸艦で運用しており、イギリス軍では、スキーのジャンプ台のような形状の発艦装置を持った空母「クイーン・エリザベス」で運用しています。

 このように、F-35Bは大きなくくりにおいて、F-35AやF-16など航空基地でのみ運用される航空機(以下「陸上機」)に対する「艦載機」、つまり空母などの艦艇に搭載して運用が可能な航空機に含まれるといえるかもしれません。ところがF-35には、「B」とは別に「艦載機型」として、「F-35C」というモデルがラインナップされています。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月1日の社会記事
「空母に載せる「艦載機」の特徴とは いずも型護衛艦に搭載するF-35B戦闘機は…?」の みんなの反応 29
  • 匿名さん 通報

    経済制裁対象の国際法違反の海保海自警察だろ?要は「防衛省」「警察」「法曹」が国際法違だな?武器持った公務員猿らが暴れだしたな?

    5
  • 匿名さん 通報

    住民の頭部にSAR SLR テラヘルツ派、マイクロ波、火器管制レーダー攻撃する経済制裁対象の国際法違反海保海自だからな?日本車以外にも造船やレーダーレーザーメーカー等日本への経済制裁をより一層強化しろ

    4
  • 匿名さん 通報

    「徹底的に面白い」と立憲と行動の浜岡反原発極左原告荻労組弁護団、革マル立憲海保長澤もとぶSAR SLRと火器管制レーダー殺人やってるそうだな?革マル議員の埼玉県警、管区も革マル化で共同正犯か?

    4
  • 匿名さん 通報

    地裁による不動産歳入殺人か?法曹革マル中核派の労組弁護団は東京第一第二、静岡県弁護士会だろ?浜岡反原発弁護団の荻、南條、一杉あたりだな?沼津はSLR SAR殺人弁護団多いな?

    4
  • 匿名さん 通報

    経済制裁に反発する勢力が海保人工衛星リモートセンシングから殺人とは新しいな?革マル中核東京第一第二静岡県弁護士会の静岡、沼津、伊豆ナンバーの車両マークだろ?連動の海保巡視艇海自もマークだな?

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。