ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る

ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る
拡大する(全5枚)

「ジャンボジェット」の愛称で広く知られるボーイング747型機はかつて、日本の航空会社でも数多く運用されていました。その開発から歩んだ、半世紀にもおよぶ歴史を振り返ります。

採算はとれるのか? 不安のなか開発スタート

 1969(昭和44)年2月9日、ボーイングの旅客機「747」が初飛行。それから今年(2019年)で50年を迎えました。

ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半...の画像はこちら >>

2011年の「パリ航空ショー」にて展示された、747型機の最新モデル、747-8(竹内 修撮影)。

 その巨体から「ジャンボジェット」の愛称で知られる747は、価格も運用コストも高い大型機でありながら、1500機以上が生産された名機として航空史にその名を刻んでいます。しかし実のところ、ボーイングは当初、747の開発にはあまり乗り気はありませんでした。

 1960年代の国際航空路線では、ボーイング707やダグラスDC-8といった、1950年代に開発された、乗客数150人から200人の旅客機が主力として使用されていました。当時の国際航空路線の航空券は現在に比べて価格が高く、707やDC-8でも十分に需要を充たすことはできていましたが、当時アメリカはもちろん、世界でも民間航空業界をリードしていたパンアメリカン航空で社長を務めていたジュアン・トリップ氏は、将来、国際航空路線の需要が右肩上がりになると予測。トリップ社長はボーイングに対し、707やDC-8の倍以上にあたる350人から400人の乗客が搭乗できる、超大型旅客機の開発を要求しました。


この記事の画像

「ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る」の画像1 「ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る」の画像2 「ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る」の画像3 「ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る」の画像4
「ボーイング747「ジャンボジェット」初飛行から50年 その半世紀の歩みを振り返る」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク