ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」2号機が日本到着! 1号機と成田で出会う

ANAが成田~ホノルル線で運航するエアバスA380型機「フライングホヌ」。その2号機が、フランスから成田空港に到着しました。「ハワイの海」をイメージした「エメラルドグリーン」のデザイン、そして「笑顔」が特徴です。

6月中にデビュー予定!

 ANA(全日空)が導入する2機目の「世界最大の旅客機」エアバスA380型機が2019年5月18日(土)、フランスのトゥールーズにあるエアバスの工場から、成田空港へ到着しました。

 ANAが3機を導入し、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線で運航予定のエアバスA380型機は、ハワイで神聖な生き物とされる「ホヌ(ウミガメ)」にちなんだ「FLYING HONU(フライングホヌ:空飛ぶウミガメ)」という愛称と、3機で異なる特別塗装を持っています。

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」2号機が日本到着! 1号機と成田で出会う

成田空港に到着したエメラルドグリーンのANA「フライングホヌ」2号機(2019年5月18日、伊藤真悟撮影)。

 成田空港へこのたび到着した2号機は、「ハワイの海」をイメージした「エメラルドグリーン」のデザイン、そして「笑顔」が特徴です。

 同機は、日本時間の17日(金)23時ごろにトゥールーズを出発。きょう18日(土)の11時30分ごろ、成田空港へ到着しました。成田空港では「フライングホヌ」の1号機とも出会っています。

 ANAは、「ハワイの空」をイメージした「ANAブルー」塗装の1号機を使い、5月24日(金)より、エアバスA380型機による成田~ホノルル線の運航を週3便で開始。そして2号機が6月中に就航し、7月1日(月)からは1日1便もしくは2便の運航になる予定です(2号機就航から7月1日までは、1号機と2号機で週3便の運航)。

 なお、「ハワイの夕日」をイメージした「サンセットオレンジ」塗装の3号機は、2020年の就航が計画されています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。