「峠の釜めし」だけじゃない 食べた後も普段使いしたくなる全国の「器に凝りすぎ」駅弁

 また、鉄道車両をかたどった器の駅弁も、子どもに人気です。最近であれば秋田駅の「秋田新幹線E6系こまちランチ」、新宿駅「京王電鉄9000系弁当」、変わり種では、前出の三好野本店による岡山駅「ハローキティ新幹線弁当」「ブラックシンカリオン弁当」など、枚挙にいとまがありません。

「器の再利用」への飽くなきこだわり? が詰まった駅弁も

「食べた後も容器を使える」駅弁として有名なのは、横川駅(群馬県安中市)の「峠の釜めし」でしょう。1958(昭和33)年に発売されたこの駅弁は、「寒さと『からっ風』が厳しいこの土地で温かく家庭的なものを」との想いから、温かい弁当を提供すべく、保温性に優れた益子(ましこ)焼の釜めし容器が採用されました(近年は一部で紙容器の場合あり)。

 この容器はちょうど1合ぶんの炊飯が可能で、その方法は製造元である「おぎのや」のウェブサイトでも紹介されています。慣れると、火を強くするタイミング次第で固さや食感も自由自在、ご飯におこげを作ったり、ごま油を流し込むことで、香りを引き立たせるといった応用も可能です。また、植木鉢として再利用することを想定し、器の底に排水用の穴を空けやすくなっており、この構造は実用新案も取得しています。

「峠の釜めし」だけじゃない 食べた後も普段使いしたくなる全国の「器に凝りすぎ」駅弁

2019年1月に京王百貨店で開催された「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」で、復刻版が販売された「特急列車ヘッドマーク」弁当(宮武和多哉撮影)。

 駅弁容器を“弁当箱として”普段使いできるものといえば、「特急列車ヘッドマーク弁当」です。往年の国鉄・JRの特急列車ヘッドマークを容器の蓋にプリントしたもので、2017年の第1弾「ひばり」を皮切りに、これまで9種類がJR東日本の主要駅で限定発売されましたが、すぐに売り切れてしまうため、復刻版が販売されることもあります。

 この容器は、数々のキャラクター弁当箱を製造するスケーター社(奈良市)製。ふたの4点止めができて密閉性も高く、弁当箱としての機能も高いものです。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。