西鉄の観光列車「利用状況は上々」、有料座席列車は2年後か グループ事業戦略を説明

九州大手私鉄の西鉄が事業戦略説明会を開催。天神大牟田線の観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン・チクゴ)」の利用状況や、福岡空港内を走るバスの自動運転化などについて説明しました。

高架化のタイミングを狙う

 九州の福岡を中心に鉄道とバスのネットワークを展開している西日本鉄道(西鉄)が2019年5月20日(月)、東京都内で2019年度のグループ事業戦略説明会を開催。倉富純男社長は、3月から運行している観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン・チクゴ)」について、順調に推移しているとの見方を示しました。

西鉄の観光列車「利用状況は上々」、有料座席列車は2年後か グループ事業戦略を説明

西鉄天神大牟田線を走る通勤列車(2019年2月、草町義和撮影)。

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」は、3月23日に運行を開始した天神大牟田線の観光列車です。運行区間は西鉄福岡(天神)駅から大牟田駅(福岡県大牟田市)までですが、6月からは、西鉄福岡(天神)駅から太宰府天満宮が近くにある太宰府駅(福岡県太宰府市)までの区間も加わります。車両は通勤形の6050系電車を改造。テーブル席と、電気窯を設置したオープンキッチンがあり、車内で調理した料理を客に提供しています。

 倉持社長は「相席にならないよう4人分のテーブル席を3人グループに販売したりすることがありますので、(腰掛けの数で見た場合は)おおむね8割から9割程度の稼働、実質ほぼ満席です。当初の見込みより上々です」と話しました。その一方、「まずは(現在の)『THE RAIL KITCHEN CHIKUGO』を生かして沿線の活性化にしっかり取り組むのが大事と思っています」と述べ、車両の増強や新たな観光列車の運行は現時点では考えていないとの認識を示しました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。