「SE」「GSE」の新旧「ロマンスカー」初並び! 「小田急ファミリー鉄道展」スタート

小田急電鉄が「小田急ファミリー鉄道展2019」を開催。3000形「SE」と70000形「GSE」という新旧の特急「ロマンスカー」車両や、保守作業車を展示したほか、車内アナウンスなど普段はできない体験イベントも行われました。

2日間にわたる、年に1度のイベント

 小田急電鉄が2019年5月25日(土)、海老名駅(神奈川県海老名市)に隣接する海老名電車基地と商業施設「ビナウォーク」で「小田急ファミリー鉄道展2019」を開催しました。年に1度開催されているイベントで、今年で19回目です。

「SE」「GSE」の新旧「ロマンスカー」初並び! 「小田急ファミリー鉄道展」スタート

海老名電車基地で展示された3000形電車「SE」(左)と70000形電車「GSE」(2019年5月25日、伊藤真悟撮影)。

 第1会場の海老名電車基地では、1957(昭和32)年に登場した3000形電車「SE」と、2018年3月にデビューした70000形電車「GSE」の新旧特急「ロマンスカー」車両を展示。小田急電鉄によると、3000形「SE」と70000形電車「GSE」の共演は、これが初めてだそうです。3000形「SE」は鉄道友の会選定による第1回の「ブルーリボン賞」、70000形電車「GSE」は第62回の「ブルーリボン賞」を受賞しています。

「SE」「GSE」の新旧「ロマンスカー」初並び! 「小田急ファミリー鉄道展」スタート

保守作業車「マルチプルタイタンパー」。
「SE」「GSE」の新旧「ロマンスカー」初並び! 「小田急ファミリー鉄道展」スタート

運転士体験。
「SE」「GSE」の新旧「ロマンスカー」初並び! 「小田急ファミリー鉄道展」スタート

鉄道グッズ販売コーナー。

 新旧「ロマンスカー」以外にも保守作業車が展示され、レールのゆがみを直す「マルチプルタイタンパー」、架線点検用の「タワー車」、レール運搬車などが登場しました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。