JAL新型機「エアバスA350-900」機内初公開! モニター、広い席、PCのようなコクピット

JALがボーイング777型機の後継として導入する、エアバスの最新鋭機「A350 XWB」シリーズ。そのひとつであるA350-900型機の機内へ入ると、大きなパソコンのようなコックピット、広い座席、大容量の荷物棚といった特徴がありました。

いまのボーイング777-200型機と比べると…?

 JAL(日本航空)が日本の航空会社で初めて導入するエアバスA350-900型機の初号機(機番:JA01XJ)機内が2019年6月20日(木)、羽田空港のJAL格納庫(M2ビル)で初公開されました。A350-900型機は、エアバスの最新鋭旅客機「A350 XWB」シリーズのひとつです。

JAL新型機「エアバスA350-900」機内初公開! モニター、広い席、PCのようなコクピット

機内がお披露目されたA350-900型機のJAL初号機(2019年6月20日、伊藤真悟撮影)。

 国内線仕様ながら、全座席に個人モニター、電源コンセント、USBポートを用意。個人モニターでは、垂直尾翼などについた機外カメラの映像も見ることができるほか、国内線は飛行時間が短いため、ビデオプログラムの視聴途中に飛行機を降りたとしても、中断時に発行された8桁の番号を次回搭乗時に打ち込むことで、その続きから再開できる機能を付けたといいます。

JAL新型機「エアバスA350-900」機内初公開! モニター、広い席、PCのようなコクピット

従来より1席の幅が広がった普通席。
JAL新型機「エアバスA350-900」機内初公開! モニター、広い席、PCのようなコクピット

ファーストクラスの座席。
JAL新型機「エアバスA350-900」機内初公開! モニター、広い席、PCのようなコクピット

クラスJの座席。

 客室は全369席で、ファーストクラス(12席)は横2-2-2列、クラスJ(94席)は2-4-2列、普通席(263席)は3-3-3列の配置が基本の3クラス構成です。JALによるとA350 XWBシリーズは、ボーイング777シリーズの後継機種として導入するとのこと。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年6月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら