2029年月面の旅はトヨタのキャンピングカーで! JAXAと新月面車開発、どんなクルマ?

長らく実施されていなかった有人月探査が近い将来、再開される見通しです。そこではJAXAとトヨタが開発に名乗りを挙げた月面車が使用されるかもしれません。有人月探査再開の理由と、キャンピングカーにたとえられる新月面車に迫ります。

ふたり乗りキャンピングカーで「月面のオアシス」を探す旅へ

 いまから50年前の1969(昭和44)年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸を果たしました。そしていまから10年後の2029年、日本は世界各国の宇宙機関と協力して、月面探検を始めます。そこで必要な月面車の開発に、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)とトヨタ自動車が名乗りを挙げました。

2029年月面の旅はトヨタのキャンピングカーで! JAXAと新月面車開発、どんなクルマ?

JAXAとトヨタが共同開発する月面車のイメージ。2029年の実用化を目指すという(画像:JAXA/トヨタ自動車)。

「アポロ計画」から50年ものあいだ、月面開発が進まなかった理由は、役に立つ資源が月面に見つからなかったからでした。しかし1990年代頃から、月面の砂のなかに水があることがわかってきました。地球は水資源が豊富な惑星ですが、重力が月の6倍もあり、宇宙へ運ぶ費用が高くつくので、月で水を生産した方が宇宙では安上がりの可能性があります。かつて旅人や船がオアシスに立ち寄って水を得ていたように、月を宇宙時代のオアシスにするため、アメリカを中心に日本、ロシア、ヨーロッパ、カナダが協力して、有人月面探査の準備を始めています。

 かつてのアポロ計画では、15号から17号まで「月面車」が使われました。この月面車は、ふたりの宇宙飛行士が宇宙服を着用した状態で乗るもので、屋根も壁もない、カートのような乗りものでした。走行距離は数十kmで、宇宙飛行士は月着陸船に戻って宇宙服を脱ぎ、食事や睡眠をとっていました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年7月27日の経済記事
「2029年月面の旅はトヨタのキャンピングカーで! JAXAと新月面車開発、どんなクルマ?」の みんなの反応 6
  • どうやって打ち上げる? 通報

    スペースシャトルは30トンの貨物を運べたが、軌道を離脱する第二宇宙速度は出せないから月に行けない。サターンⅤは月に行けるがペイロードはそんなにない。月に大型探検車を投入できるロケットがあるとでも?

    0
  • 匿名さん 通報

    サターンⅤは、司令船も着陸船も積まなければ47トン運べるが、この探検車に姿勢制御装置や逆噴射装置があるようには見えない。それなしでは月面に激突する。

    0
  • 匿名さん 通報

    アポロ宇宙船はロケットエンジンと燃料タンクを収めた機械船だけで全長11メートル・重量24トンあった。

    0
  • 匿名さん 通報

    国産のH2ロケットはペイロードが1トンしかない。軽トラックを低軌道に打ち上げるのがやっと。

    0
  • 匿名さん 通報

    司令船と機械船の容積・重量を差し引くと、サターンⅤでもイーグル着陸船と同じ容積・重量しか月に届けられない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら