関西空港、施設利用料などを最大50円値上げ 消費税率アップで10月に料金改定

2019年10月に消費税率が8%から10%に引き上げられることを踏まえ、関西空港の旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料が改定されます。

航空運賃と合算して支払い

 関西空港を運営する関西エアポートは2019年8月9日(金)、消費税率の引き上げに伴い、10月1日(火)に関西空港の旅客サービス施設使用料などを改定すると発表しました。

関西空港、施設利用料などを最大50円値上げ 消費税率アップで10月に料金改定

関西空港第1ターミナル。写真はイメージ(画像:写真AC)。

 消費税率が8%から10%に引き上げられることを踏まえ、旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料は、現行から10円~50円アップします。例えば、第1ターミナルから国際線に乗る場合の大人1人の旅客サービス施設使用料は、2780円(現行2730円)となります。料金は、航空券購入の際に航空運賃と合算。1日以降に発券した利用者から、新料金が適用されます。

 なお旅客サービス施設使用料の「子ども料金」の適用は、ターミナルと行先により変わります。第1ターミナルを使用する場合、国際線は子ども用の割引航空券の利用者に、国内線は航空券の種別に関係なく12歳未満に、子ども料金が適用されます。第2ターミナルを使用する場合、子どもの料金設定はありません。なお、いずれのターミナルも、国際線で航空券を使用しない2歳未満の幼児と国内線で航空券を使用しない3歳未満の幼児は無料です。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年8月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら