首都高「横浜北西線」開通でどうなるか 前倒しで東名~横浜中心部連絡 保土ヶ谷も変化?

東名高速と横浜市街地をつなぐ首都高の新線「横浜北西線」。横浜が抱える課題を解決する路線といいますが、どのように横浜の道路は変わるのでしょうか。交通量が非常に多い保土ヶ谷バイパスにも、変化があるかもしれません。

横浜の中心部と東名を直結

 横浜市内で首都高の新線「横浜北西線」が、2020年3月に開通します。佳境を迎えているその工事現場が2019年10月9日(水)、報道陣へ公開されました。

 横浜北西線は、東名高速に接続する横浜青葉JCTと、第三京浜および首都高K7横浜北線に接続する横浜港北JCTを結ぶ約7.1kmの路線です。2017年3月に開通した横浜北線とつながることで、東名高速と横浜の中心市街地・横浜港方面を直結する新ルートが形成されます。

 横浜北西線は当初、2021年度開通の予定で事業が進められていましたが、開通が約2年も前倒しになった形です。首都高速道路と共同で事業を進めてきた横浜市道路局によると、計画段階から市民が参加する形で事業を進めてきたこともあり、用地買収も工事も順調に進んだそうです。

首都高「横浜北西線」開通でどうなるか 前倒しで東名~横浜中心部連絡 保土ヶ谷も変化?

東名高速をまたぐ横浜青葉JCT(2019年10月9日、中島洋平撮影)。

 2017年3月の横浜北線開通時には橋脚しか立っていなかった横浜青葉IC周辺には、この2年半ほどのあいだに、東名の本線をいくつものランプウェーがまたぐJCTが形成されました。この横浜青葉JCTは、東名~横浜北西線間の全方向で行き来が可能なほか、既存の横浜青葉ICを通じて横浜北西線~一般道間の出入りもできるようになっています。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年10月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。