JR原宿駅の新駅舎&新ホーム 来年3月使用開始、現駅舎は東京五輪後に建て替え

記事まとめ

  • JR東日本東京支社は、原宿駅の新駅舎と新ホームを2020年3月21日から使用すると発表。
  • 現在の木造駅舎は東京五輪後に解体し、防火対策を講じたうえで建て替えられる予定。
  • 例年、初詣時期に設置されていた明治神宮方面の臨時改札は今回が最後となる。

JR原宿駅の新駅舎と新ホーム、3月使用開始 初詣の臨時改札は今度が最後に

山手線外回りホームの使用開始日が決定!

JR原宿駅の新駅舎と新ホーム、3月使用開始 初詣の臨時改札は今度が最後に

原宿駅新駅舎のイメージ(画像:JR東日本東京支社)。

 JR東日本東京支社は2019年11月19日(火)、山手線の原宿駅(東京都渋谷区)で工事を進めている新駅舎と新ホームを、2020年3月21日(土)から使用すると発表しました。

 JR原宿駅は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、混雑緩和と利便性・快適性向上のため改良工事が進められています。

 新駅舎は線路とホームの上に2層からなる建物が設けられ、1階に駅施設やコンビニエンスストア、2階にカフェが入ります。コンコースは約3倍、トイレは約2倍拡大。表参道改札は2通路増えるとともに、表参道方面と明治神宮方面の2方向に出入口が設けられます。また、24人乗りのエレベーターが設置されます。

 新ホームは従来の臨時ホームを改修し、山手線外回り(新宿・池袋方面)専用乗り場に変わります。ホームドアの使用も始まります。

 現在の木造駅舎は東京オリンピック・パラリンピック後に解体し、防火対策を講じたうえで現デザインを再現して建て替えられる予定です。

 なお例年、年末年始は明治神宮の初詣客で混雑することから臨時ホームが使われていましたが、今回は前回と同様、工事のため使用されません。代わりに仮設通路と降車専用の臨時改札が開設されます。期間は12月31日(火)23時から2020年1月1日(水・祝)17時までと、1月2日(木)から5日(日)までの各日10時から17時までです。明治神宮方面の臨時改札設置は今回が最後となります。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年11月19日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。