次の駅までが最安「じゃない」相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅の謎 どうなってるのか?

羽沢横浜国大駅の運賃案内図を見ると、隣駅である武蔵小杉駅まで310円とあります。しかし、2回乗り換えが必要な鶴見駅へは170円です。なぜ遠いはずの駅が隣駅より安いのでしょうか。これは、案内図と実際の走行ルートが違うためです。

実は鶴見駅を通っている

 2019年11月30日(土)、相鉄線とJR線の相互直通運転が開始。相鉄線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)とJR線の武蔵小杉駅(川崎市中原区)のあいだに「新ルート」が設けられ、おもに相鉄線からJR新宿方面に直通する列車が走ります。

次の駅までが最安「じゃない」相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅の謎 どうなってるのか?

試運転でJR新宿駅へ乗り入れた、相鉄12000系電車(2019年9月、草町義和撮影)。

 この「新ルート」の途中に、羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)が新設されました。同駅に設置された運賃案内図を見ると、「隣」の武蔵小杉駅までの運賃(大人、紙のきっぷの場合)は310円です。ところが、「新ルート」から外れていて、武蔵小杉駅や横浜駅で乗り換えないとたどり着けない鶴見駅(横浜市鶴見区)は170円。武蔵小杉駅より安いのです。

「新ルート」は西谷~羽沢横浜国大間に「相鉄・JR直通線」という相鉄の新線が整備されましたが、羽沢横浜国大~武蔵小杉間は、昔からあった鶴見駅経由のJR貨物線に乗り入れます。つまり、相鉄線方面からやってきた新宿行きの直通列車は、鶴見駅を通ってから武蔵小杉駅に停車することになります。羽沢横浜国大駅からの距離は、鶴見駅が8.8kmなのに対し、武蔵小杉駅は16.6km。実際は鶴見駅のほうが近いため、運賃も同駅のほうが安くなるのです。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年12月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。