晴海・豊洲を走っていた鉄道 知られざる「東京都港湾局専用線」 遺構をたどる

東京臨海部の豊洲と晴海を隔てる運河にさび付いた「晴海鉄道橋」が架かっています。貨物線廃止から約30年間そのままですが、このたび再活用に向けて動きが。戦後の復興を支えた東京都港湾局専用線の歴史を振り返りつつ現地を歩きました。

東京都港湾局専用線、動き出した保存・公開への道

 高級マンションや大型ショッピングモールが並ぶ豊洲(東京都江東区)から、晴海(同・中央区)に向かう春海橋の横に、さび付いた鉄橋があります。これは、越中島と晴海ふ頭一帯を結んでいた、東京都港湾局の貨物専用鉄道の跡。一般には「晴海橋梁」「晴海鉄道橋」などと呼ばれ、1989(平成元)年に廃止されて以来、約30年にわたって撤去されずに残っています。

晴海・豊洲を走っていた鉄道 知られざる「東京都港湾局専用線」 遺構をたどる

復活に向けて動き始めた晴海鉄道橋。その下を1日2回、豊洲発浅草行き水上バス「ヒミコ」が通過する(2019年12月、栗原 景撮影)。

 都会の中の廃線跡として知られたこの鉄道橋が、近い将来、遊歩道として復活することになりそうです。東京都は2017年に臨海部の海上公園ビジョンを策定し、そのなかで晴海鉄道橋の遊歩道化を盛り込みました。

 その後しばらく動きはありませんでしたが、2019年7月に基本・実施設計に着手。大手建設コンサルタント会社のオリエンタルコンサルタンツに業務を委託して、いよいよ遊歩道化に向けて動き出しました。東京都港湾局開発整備課によれば、現在はどのくらい補修が必要なのか技術的な検討を行っている段階で、2020年春までに成果を得ることになっています。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。