新造船「やまと」進水 星空と海などコンセプト 神戸~新門司へ就航 阪九フェリー

新造船「やまと」進水 星空と海などコンセプト 神戸~新門司へ就航 阪九フェリー
       

1番船「せっつ」に次ぐ2番船です。

新造船「やまと」進水 星空と海などコンセプト 神戸~新門司...の画像はこちら >>

進水した阪九フェリー新造船「やまと」(画像:三菱重工業)。

 三菱造船は2020年1月10日(金)、同社の下関造船所 江浦工場(山口県下関市)において、阪九フェリー向け新造船「やまと」の命名・進水式を行いました。

「やまと」は三菱造船が受注している阪九フェリー向け新造船2隻のうちの2番船で、2019年8月に進水した1番船「せっつ」と同型。船舶の規模を示す総トン数は約1万6300トン、長さ約195m、幅29.6m、旅客定員は663人です。8.5mトラック約277台および乗用車約188台の積載能力を有し、荷役設備として舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載しています。

 船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は「せっつ」が港町神戸をイメージしているのに対し、「やまと」は門司港レトロの街並みをイメージ。客室最上階である7階には広い空間を設け、船内で最も大きな窓から星空と瀬戸内海が眺望できるそうです。

 環境面では、従来船と比べて約6%の省エネを実現しているほか、2020年1月から全世界的で適用されたSOx(硫黄酸化物)排出規制への対応策として、排ガス処理装置(スクラバー)を搭載しています。

「やまと」は今後、艤装工事を経て2020年6月に阪九フェリーへ引き渡され、夏に神戸~新門司航路へ就航予定です。なお、1番船「せっつ」は先行して3月10日(火)に同航路へ就航します。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。