「レインボーギャング」と呼ばれる空母甲板作業員 なぜ? 中国もまねた合理的スタイル

 また海事用語では、「ギャング」というのは荷役作業員のグループや港湾労働者たちを指す言葉です。そこから転じて、各種艦載機をさばく作業員の一団として、色とりどりの格好と合わさり「レインボーギャング」と呼ばれるようになったようです。

中国も真似し始めたカラーごとの役割分担

「レインボーギャング」と呼ばれる甲板作業員は、原則として紫、青、緑、黄、赤、茶、白の7色で区分けされます。紫は燃料関係、青は車両やエレベーターの操作員および伝令関係、緑はカタパルトや着艦ワイヤー、航空機整備の関係者、黄は航空機の移動や離着艦関係、赤は武器関係、茶は航空機の機付長(機体ごとの整備責任者)、白は安全管理や医療関係とされています。

 そしてこの大きな7種類の中で、さらにシャツ(ジャージ)やライフベスト、専用ヘルメットの3つで色の組み合わせを変え、加えてベストの背面やヘルメットに数字や文字を追記することで、100以上の職域(役割)に細分化しています。

「レインボーギャング」と呼ばれる空母甲板作業員 なぜ? 中国もまねた合理的スタイル

アメリカ海軍のカタパルトオフィサー。シャツやベストは黄色だがヘルメットは緑で、額部分に2色の反射テープを張り、自らの役割を示している(画像:アメリカ海軍)。

 このカラーリングによるオペレーションの明確化、効率化は第2次世界大戦後のアメリカ海軍で始まりました。その後、この色分けはイギリス海軍やフランス海軍の空母運用でも導入されましたが、両国の空母は甲板作業員がそれほど多くないため、アメリカ海軍ほどの細分化は行われていません。

 ただし、近年急速に空母の運用を拡充している中華人民共和国(中国)海軍については、将来を見据えてなのか、アメリカ海軍と同じようにベストとシャツで異なる色を組み合わせる形を採用し、役割の明確化、細分化を図っています。

 なお、アメリカ海軍を始めとして、各国海軍の甲板作業員は腕まくりは厳禁です。なぜなら、エンジン排熱や油などでやけどを負ってしまわないようにするためで、同様に眼球を保護するためにゴーグルは必須とされています。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。