「量産型N700S」姿あらわす 新型新幹線車両 その性能は? 体感してほしい乗り心地とは

 この量産車が5編成用意されたのち、2020年7月1日(水)、N700Sの営業運転が開始される予定です。

 東海道・山陽新幹線の現在における主力車両「N700系」は、2007(平成19)年にデビュー。N700Sは、それから13年ぶりの新型車両になります(2013年登場のN700AはN700系の改良型で、N700Sのようなフルモデルチェンジ車両ではない)。

新型新幹線「N700S」乗って体験してほしいところは?

 このN700S量産車についてJR東海 新幹線鉄道事業本部 田中英允担当部長は、「乗り心地はかなり気にして造りました。車両の横揺れを抑えるフルアクティブ制振制御システムも、確認試験車を使ってチューニングしてきました。トンネル進入時、列車のすれ違い時など、ぜひ体感していただければ」と、その快適性に自信を見せます。

 もちろんJR東海の新型新幹線車両「N700S」は、安全性能など全体的にN700系から高められたほか、「標準車両」「バッテリー自走」といった新たな能力も獲得。主な特長は以下の通りです。

「量産型N700S」姿あらわす 新型新幹線車両 その性能は? 体感してほしい乗り心地とは

トレーラーに積載されたN700S量産車の15号車(2020年2月25日、恵 知仁撮影)。

・全座席にコンセントを設置。
・編成の長さを16両や8両など柔軟に変更できる「標準車両」。東海道新幹線以外で走らせたい場合も、状況に合わせて編成を変えられるため、やりやすい。
・高速鉄道で初めて走行用のバッテリーを搭載。停電しても、自走して最寄り駅などへ避難できる。停電時のトイレ使用も一部可。
・ATC(自動列車制御装置)やブレーキの改良で、地震発生時における停止までの距離を5%短縮(N700A比)。
・客室内の天井にも防犯カメラを設置。
・グリーン車や先頭車などに、乗り心地をさらに向上させるフルアクティブ制振制御システムを搭載。
・停車駅が近づくと天井の照明が明るくなり、荷棚への忘れ物防止をうながす。

 N700系からN700S、外見上の分かりやすい変更点は、左右両サイドにエッジを立てることで走行風を整流し、騒音などを低減している「デュアル スプリーム ウィング形」の先頭形状、新幹線初のLED前照灯、運転席側面部分に追加された短い青いラインなどが挙げられます。

 ちなみに「N700S」の「S」は、「シリーズ中最高の新幹線車両」というところから、「最高」を意味する「Supreme(スプリーム)」が由来です。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。