列車のヘッドライト 形が変われば表情も変わる 時代ごとの流行も 今後はどんな顔に?

鉄道車両の「顔」を形作るヘッドライト。その形状や位置はいまでこそ、車両によって様々です。特に形状には、時代によって流行がありました。光源にLEDが用いられるなど技術的にも進歩していますが、どんなものがあるでしょうか。

自車の存在を示すため 頭上についていたヘッドライト

 鉄道車両のヘッドライトは、前方を照らすよりも「遠くから列車の存在を認識させるための灯り」としての役割がメインです。

 鉄道車両はクルマと異なり、前方に障害物があっても避けられないので、早くから存在を認識してもらう必要があります。そのためには、できるだけ高いところに掲げたほうが良いので、当時の運輸省令でも「夜間の前部標識として前灯を上部に1個掲出する」と定められていました。

列車のヘッドライト 形が変われば表情も変わる 時代ごとの流行も 今後はどんな顔に?

戦前戦中までの電車は、頭上にヘッドライトがあるタイプが標準だった(2004年12月、児山 計撮影)。

 ライトを車体上部、人間にたとえると「おでこ」の位置につけていたのはこのような理由からで、戦後しばらくまで路面電車や一部のローカル私鉄を除く鉄道車両は、原則として「ヘッドライトは頭上」という時代が続きました。

 この“常識”を覆したのが1954(昭和29)年に登場した営団地下鉄(現・東京メトロ)300形です。赤いボディに銀色のサインカーブが入ったモダンな外見もさることながら、ヘッドライトが頭上から窓の下に降りふたつ灯され、正面の「表情」もこれまでにないものでした。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。