渋谷駅 なぜ埼京線のホームは遠かったの? 駅開業からの歴史をたどるとわかるその理由

渋谷駅の埼京線ホームは1996年の設置から24年間、山手線や東急線、地下鉄などのそれから南へ350mほど、ポツンと離れた位置にありました。なぜそれほど遠かったのか、渋谷駅の開業からの歴史をたどると、納得の理由が見えてきます。

渋谷駅の埼京線ホーム そもそもなぜあの場所だったの?

 JR東日本は、2020年5月29日(金)深夜から6月1日(月)未明にかけて、JR埼京線渋谷駅のホーム移設工事を実施します。これまで、山手線ホームの南側に互い違いに設置されていた埼京線ホームが、北に約350m移設され、山手線ホームと横並びになり、乗り換えの不便さが大きく改善される予定です。

 では、そもそもどうしてこれまでの埼京線ホームは、山手線やほかの私鉄から離れた遠い位置にあったのでしょうか。その謎を解くためには、山手線の成り立ちを振り返る必要があります。

渋谷駅 なぜ埼京線のホームは遠かったの? 駅開業からの歴史をたどるとわかるその理由

埼京線を走るE233系電車(画像:写真AC)。

 赤羽~品川間(現在の埼京線 赤羽~池袋間と山手線 池袋~品川間)に鉄道が開業したのは、いまから135年前の1885(明治18)年。開業と同時に設置された渋谷駅は、いまの渋谷駅から350mほど南、つまり移転前の埼京線ホームの付近に位置していました。

 当時「品川線」と呼ばれたこの路線は、上野駅から北に延びる東北本線・高崎線と、新橋駅から南に伸びる東海道線を接続し、貨物列車を直通運転させるために建設されました。

 続いて1903(明治36)年に田端~池袋間が開業。当時、田端駅をターミナルに置いていた常磐線とも接続を果たします。当時の山手線は、各方面からやってくる貨物列車を接続する、ジャンクションのような役割を果たしていたのです。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。