公園のD51を「国鉄色の黒」に! 1500万円目指し世田谷区がふるさと納税募る

       

「門デフ」を装備したデゴイチです。

公園のD51を「国鉄色の黒」に! 1500万円目指し世田谷区がふるさと納税募る

世田谷公園で保存・展示されているD51形蒸気機関車272号機(画像:世田谷区)。

 世田谷区(東京都)が、区内の世田谷公園で保存・展示している蒸気機関車(SL)の修繕・塗装費用として、1500万円を目標に、2019年8月からふるさと納税を募集しています。2020年6月、さらに多くの人に興味を持ってもらうため、ヘッドマークデザイン応募コースと塗装体験コースが加わりました。

 保存・展示されているD51形蒸気機関車272号機は、1939(昭和14)年に川崎車輌(当時)兵庫工場で製造されてから1972(昭和47)年に廃車されるまで、およそ33年間、おもに中国・九州地方で貨物牽引(けんいん)に使われました。総走行距離は245万8000kmに及び、これは地球61周分に相当します。国鉄門司鉄道管理局管内の小倉工場が採用した除煙板(デフレクター)、通称「門鉄デフ」「門デフ」を装備しており、炭水車(8-20B)、車掌車(ヨ14740)とともに1973(昭和48)年から世田谷公園で保存・展示されています。

 製造から80年が経過し経年劣化も進んでいることから、区はこれらの車両を修繕・再塗装し、往年の雄姿を再現する方針です。色は、国鉄が昭和30年代に定めた「国鉄車両色見本帳」に基づく、いわゆる「国鉄色」の黒が採用されます。

 ふるさと納税のコースは、このSLや園内を走るミニSL「ちびくろ号」のヘッドマークデザインを応募できるヘッドマークデザイン応募コース(寄付額1万円~)、ミニSL記念乗車券つきコース(3万円~)、塗装を実際に体験できる世田谷公園SL塗装体験コース(3万円~、先着30人)の3種類。募集は2021年3月31日までです。

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。