7月豪雨で被災のくま川鉄道 全国に広がる「鉄道の仲間たち」応援の輪 奇跡的に1両復活

7月豪雨で被災のくま川鉄道 全国に広がる「鉄道の仲間たち」応援の輪 奇跡的に1両復活
       

令和2年7月豪雨で全車両が浸水し、鉄橋も流出した熊本県のくま川鉄道。運転再開の見込みが立たない同社を支援する動きが、全国の鉄道会社で広がっています。人員派遣で浸水車両を1両復活できたほか、きっぷの販売なども行われています。

鳥取県から熊本県へ 発電機などを積んで駆けつけ

 令和2年7月豪雨で5両全ての車両が浸水し、鉄橋流出も発生した、熊本県のくま川鉄道。1か月を経ても運転再開の見込みが立たないなか、同鉄道を支援する鉄道会社の輪がいま、広がっています。

 2020年8月10日(月・祝)に開催された、全国の鉄道会社がオンラインで集う「超鉄道サミット@ニコニコネット超会議2020夏」。そこに特別参加したくま川鉄道の永江友二社長は、次のように話しました。

「『鉄道のつながり』のありがたさを、胸にすごく感じています。勇気づけられています」

7月豪雨で被災のくま川鉄道 全国に広がる「鉄道の仲間たち」...の画像はこちら >>

「当分の間の運休」が告知されているくま川鉄道ウェブサイト。

 永江社長によると被災後すぐ、車両浸水に対し「これだけはやったほうがいい」といった連絡などが、いろいろな鉄道会社から寄せられたとのこと。また、第三セクター鉄道はどこも運営が大変であるなか、鳥取県の若桜鉄道は「協力できることはないか」と、クルマに発電機などを積んで熊本に人員を派遣。エンジン浸水や車軸の錆びへの対処など、炎天下のなか5日間、車両を整備してくれたそうです。

 その結果、1両のエンジンが再び起動。走れるようになりました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。