駄菓子「蒲焼さん太郎」で作ったうな丼が激ウマ! 「本物のうな丼より美味いわ!」

ふっくらとジューシーなうなぎを香ばしく焼き上げ、甘さとしょっぱさが絶妙なバランスで混ざったタレをかけ、ご飯と一緒に食べる。うな重やうな丼など、焼いたうなぎとご飯の相性は本当に最高ですよね。

■値段が高いのがネック
駄菓子「蒲焼さん太郎」で作ったうな丼が激ウマ! 「本物のうな丼より美味いわ!」

「うなぎ大好き! 毎日でも食べたい!」と思っている人はきっと多いはず。私もその一人です。しかし、残念ながらうなぎはとても高価な食材。外国産のうなぎなら多少は値が落ちますが、国産のうなぎは価格がグンと上がり、1回の食事で数千円かかってしまっても何も不思議ではありません。うなぎ料理は貧乏人が気軽に手を出せるような料理ではないのです。

■安価でうなぎ料理を食べたい!
うなぎ料理をどうにかお金をかけずに食べるすべはないものでしょうか。もちろん、うなぎそのものを安く食べるのが非常に難しいのは重々承知。せめて同じような味の料理を安く食べられないかと思って調査を重ねていると、なんとうなぎの代替品になり得る食材を発見しました……!

■駄菓子の「蒲焼さん太郎」
駄菓子「蒲焼さん太郎」で作ったうな丼が激ウマ! 「本物のうな丼より美味いわ!」

その食材とは、昔懐かしい駄菓子の「蒲焼さん太郎」。こちらは魚のすり身を薄く焼き上げた駄菓子ですが、味はうなぎのかば焼きを再現しているものなのです。

■タレの味が見事に再現されている

蒲焼さん太郎を開封してみると、確かに薄くて硬い焼菓子なのですが、表面に塗られたタレの光沢はうなぎの蒲焼を想像させます。

少年時代以来、久しぶりに蒲焼さん太郎を1枚食べてみましたが、食感はともかく味の再現度は非常に高いと感じました。これは少し手を加えてご飯と一緒に食べれば、うな重やうな丼を食べているような感覚になれるかもしれません。...続きを読む

あわせて読みたい

トリビアニュースの記事をもっと見る 2016年11月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。