【ジブリ】ハウルの動く城の極秘情報と噂9選「キムタクは練習せず本番」「細田守が監督を務める予定だった」など

2004年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーション映画『ハウルの動く城』。監督・脚本は宮崎駿氏が担当しましたが、原作はイギリスの作家であるダイアナ・ウイン・ジョーンズ氏によるもの。宮崎監督の長編映画では『魔女の宅急便』以来15年ぶりという非常に珍しい作品でした。

■『ハウルの動く城』の秘密と噂9選

主要人物である「ハウル」の声優を国民的アイドル・元SMAPの木村拓哉さんが担当するなど、上映前から大きな話題となった作品であり、興行収入は実に196億円にまで到達しました。

今回はそんな名作『ハウルの動く城』にまつわる秘密や噂、隠されたエピソードなどを厳選してご紹介。きっと『ハウルの動く城』の新たな魅力に触れられることでしょう。

1. 監督は細田守のはずだった

『ハウルの動く城』の監督はもともと『時をかける少女』や『サマーウォーズ』で知られる細田守監督が担当する予定でした。しかし母親の病気や、ジブリ側との意見の衝突など、いくつかの理由が重なった結果、『ハウルの動く城』の監督を降板することになったのです。

この降板によって制作が半年間中断してしまい、監督と脚本が宮崎駿監督に変更されて制作が再開。2003年の春に公開される予定だったのに、最終的に2004年11月まで延びてしまったのはこういった事情があったからでした。

【ジブリ】ハウルの動く城の極秘情報と噂9選「キムタクは練習せず本番」「細田守が監督を務める予定だった」など

2. 犬のヒンのモデルは押井守監督

犬のヒンのモデルは劇場版『攻殻機動隊』の押井守監督がモデルと言われています。宮崎駿監督と押井守監督は旧知の仲で、犬のことでケンカをしたこともあるのだとか。押井監督とヒンを見比べてみると、優しそうな細い目や髪の毛の雰囲気がよく似ています。どうして押井監督をモデルにしたのかはわかりませんが、宮崎監督の遊び心だったのかもしれません。

...続きを読む

あわせて読みたい

トリビアニュースの記事をもっと見る 2018年6月21日のライフスタイル記事
「【ジブリ】ハウルの動く城の極秘情報と噂9選「キムタクは練習せず本番」「細田守が監督を務める予定だった」など」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    記事中のイラストなんなの?描いた人(と載せた人?)性格歪み過ぎじゃないですか?ほんとにこんな風に見えてますか?私こんなに性格歪んでますアピールに同調できる人なんて自分も歪んでますって人だけでしょ。

    2
  • 匿名さん 通報

    このイラスト・・見る人の事も記事に書かれている人の事も舐めてる 酷い!!

    0
  • 匿名さん 通報

    なにこの絵、、

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。