【ライヴレポート】新世代視聴覚ユニット・みみめめMIMI、ワンマンライヴ!

【ライヴレポート】新世代視聴覚ユニット・みみめめMIMI、ワンマンライヴ!


シンガーソングライターの“タカオユキ”と、イラストレーターの“ちゃもーい”による新世代視聴覚ユニット、みみめめMIMI。



【ライヴレポート】新世代視聴覚ユニット・みみめめMIMI、ワンマンライヴ!


最新シングル『CANDY MAGIC』を引っ提げて、6月28日渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブ「CANDY MAGIC SHOW~梅雨だけど雨じゃなくて飴を降らせまSHOW!▷○◁~」を開催した。鐘の音と手拍子が鳴り響く中、『CANDY MAGIC』のジャケット写真を再現した、キャンディーで飾り付けられたお菓子の世界のようなステージに姿を現したのは、ヴォーカルのタカオユキ。この日はドラムとDJをサポートメンバーに迎え、3人編成で全14曲(アンコール含む)を披露した。



まず1曲目に演奏されたのは、ドラマティックな片思いソング『センチメンタルラブ』。ファンシーな衣装をフワフワと揺らしながら、透明感のある甘い歌声を響かせる彼女は、まるでアニメの主人公のよう。ステージスクリーンにもちゃもーいが描いたアニメーション(MV)が流され、観客はファンタジックな夢の世界へと導かれていった。そして、タンバリンをリズミカルに鳴らし、胸キュン必至のポップチューン『閃光ハナビ』へ。そのまま、話しかけるように歌い始めた『ミッディ』では、軽やかに踊りながら笑顔を輝かせるタカオユキに、観客も笑顔とカラフルなサイリウムで会場を彩った。



「梅雨だけど晴れました~!みなさんのお陰です!」

そう嬉しそうに叫ぶと、あまりにもワンマンライブが楽しみで、ライブ前に大好きなケン●ッキーのチキンを3つも食べてしまったと無邪気に話すタカオユキ。その興奮や気合いは、自らキーボードを弾きながら披露した『Mr.Darling』『お絵描き』からも熱く伝わっており、登場時の可愛らしいイメージを覆す、パワフルでエモーショナルなパフォーマンスが繰り広げられた。また、『no name love song』や『サヨナラ嘘ツキ~piano version~』では、しっとりとした弾き語りで、情感たっぷりに歌い上げる一幕も。時に激しく時に儚く、寄せては返す感情の波が聴く人の心を掴んだ。


あわせて読みたい

T-SITEの記事をもっと見る 2015年6月29日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。