激戦区・関西レゲエシーンの注目アーティストをコンパイルした『JAPANESE REGGAE MASSIVE』リリース

激戦区・関西レゲエシーンの注目アーティストをコンパイルした『JAPANESE REGGAE MASSIVE』リリース


個性的なレゲエアーティストたちの台頭で大きな盛り上がりを見せている関西レゲエシーン。激戦区のなか、次世代をけん引するのは俺たちだとばかりにシーンに次々と飛び込んできた猛者たちの勢いは止められない。そんな彼らの楽曲を集結させたとびきり熱いコンピレーションアルバム『JAPANESE REGGAE MASSIVE』が、TSUTAYA限定盤として登場!



本作には、まさに今が旬のレゲエアーティストが目白押し。SPICY CHOCOLATEや卍LINEら数多くのアーティストとのコラボ曲ばかりを集めたニューアルバム『コンビイズム』で注目を浴びている寿君を始め、本場ジャマイカでの経験とハーモニカやギターも奏でる唯一無二のスタイルで魅せるRAY、等身大のリアルなリリックと安定感のあるよく通る歌声が魅力のHISATOMI、北海道出身ながら大阪に拠点を置き活躍しているRAM HEAD、6人のディージェーと同世代のサウンドからなるクルー“TAKING OVER”に所属するSHADY、アコースティックバンドJAMRISEのヴォーカルとしても活躍するディージェーARC-MAN、突き抜けたハイトーンボイスで人気のBIG BEAR、オリジナルホラームービーとライヴパフォーマンスを合体させたワンマン“HOUSE OF TERROR”で度肝を抜いたばかりのJ-REXXXら、ひと癖もふた癖もあるアーティストが揃った。



収録曲は、自身が作詞作曲も手がけたRAM HEADの最新チューン「あとどのくらい」や、BIG BEARのダンスホールど真ん中のナンバー「MAGNET」、ジャマイカで活躍中のGACHAPANプロデュースによるEP『WI-FI RIDDIM』に収録されたJ-REXXX「非合法ハーブ」など、今年発表された最新曲が中心。さらに、アーティスト同士でガッチリ手を組んだコンビ曲も収録。HISATOMIとRAYによる「RIDDIM JACK」や、SHADYとARC-MANによる「KEEP BLAZING」も聴き逃せない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Jのプロフィールを見る
T-SITEの記事をもっと見る 2015年7月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。