WHITE ASH、一点突破から全方位攻撃へ!

WHITE ASH、一点突破から全方位攻撃へ!


その磨き上げたサウンドの圧倒的な強度と説得力で、これまでのファンはもちろんのこと、邦楽洋楽の垣根を超えて広くロックリスナー/音楽ファンのハートを鷲掴みにしたWHITE ASHのサードフルアルバム『THE DARK BLACK GROOVE』。

4人にとって間違いなくこれまでで最も大きな飛躍が刻まれたあの作品から、まだ春から夏と季節が一つしか経てないにもかかわらず、早くもWHITE ASHの世界の新しい扉が開かれた。



「Insight / Ledger」。2つの楽曲がダブルでタイトルトラックとして掲げられた彼らにとって7枚目となるシングル。

まるで日本のロックシーンのトレンドに逆行するかのような意図的にゆったりとしたBPMで鳴らされていた『THE DARK BLACK GROOVE』収録曲の大半とは対照的に、性急なブレイクビーツのイントロに意表を突かれる1曲目の「Insight」は、彼らにとって久々と言ってもいい問答無用のアッパーなロックチューン。

ヴァースからコーラスに突入する瞬間に、ふっと身体全体が浮き上がるような感覚に襲われる、解放感に満ちた展開が印象的だ。一方、「Ledger」(=土台となる石?)という相変わらず意味深なタイトルがつけられたもう一つのタイトルトラックでは、『THE DARK BLACK GROOVE』のダークでブラックな世界をそのまま進化させたようなヘヴィなグルーヴとメロウネスが鳴らされている。

好むと好まざるとにかかわらず、いまやWHITE ASHは日本のロックシーンにおいて似たようなバンドがいない、孤立した場所に立っているバンドと言えるが、「Ledger」からはそんな誇り高い孤独感さえ聴こえてくる。


あわせて読みたい

T-SITEの記事をもっと見る 2015年7月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。