クリフエッジ 応援歌&メッセージソングのカヴァーアルバム。演歌とヒップホップの融合にも注目!

クリフエッジ 応援歌&メッセージソングのカヴァーアルバム。演歌とヒップホップの融合にも注目!


熱いメッセージを乗せた応援ソングが人気で、これまでにボクシングの亀田三兄弟やプロレスラーの蝶野正洋、アルピニストの栗城史多などの応援歌を歌ってきた3人組クリフエッジが、新たなる応援歌を制作。ニューアルバム『Oh!ENKA』は、応援歌、演歌、宴歌のトリプルミーニングのタイトルで、そこからもわかるとおり、美川憲一水前寺清子ら演歌歌手とコラボした作品。演歌の名曲をベースにしながら、クリフエッジのスパイスの効いたアレンジやラップが加わり、熱いメッセージと前向きさが詰まったパーティアルバムに仕上がった。



美川憲一の名曲「さそり座の女」は、原曲の妖艶さから一転、ラテンのリズムに乗せた情熱的な愛のナンバーに変身した。水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」は、ジャジーなアレンジと軽快なラップが絶妙に差し込まれ、意外性あふれるアレンジ。思わずチーターもシャウトするほど。三好鉄生の「すごい男の唄」は、ダンスホールレゲエ調のアレンジで、野外フェスにぴったりの仕上がり。“ビールを回せ”のフレーズでは、タオルを回したくなる。また、松本英子を迎えた「LIFE」は、スケールの大きなバラードで、ドラマチックなサウンドと、心の内をさらけ出すメッセージが胸を打つ。アルバムをキュッと引き締めてくれている仕上がりだ。



また、演歌歌手とのコラボ曲のほかに、爆風スランプの「Runner」のカヴァーも収録した。オリジナルよりも熱く真っ直ぐに、クリフエッジなりのアレンジとメッセージが加えられ、新たな解釈で生まれ変わった「Runner」は聴き応えタップリだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

T-SITEの記事をもっと見る 2015年7月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「佐藤勝利」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤勝利」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「misono」のニュース

次に読みたい関連記事「misono」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「川本真琴」のニュース

次に読みたい関連記事「川本真琴」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。